無料の古紙回収を利用し限りある資源を有効活用しよう

無料の古紙回収を利用し限りある資源を有効活用しよう 紙の原材料は何かと聞かれた場合、多くの人がイメージするのは木でしょう。確かに木材を細かく砕いたチップと薬剤を煮て取り出されたパルプが原材料となりますが、この木材パルプと、古紙からインクなどが除去された古紙パルプを配合することで、さまざまな紙の白色度や強度の再生紙を作ることができるのです。実際、製紙原材料全体に占める古紙の割合は6割程度となっており、資源の有効活用や廃棄物減量化のためにも、古紙回収は非常に重要な取り組みのひとつです。私たちは雑誌や新聞、段ボールなど毎日たくさんの紙を使用していますが、このような紙は使用後に再利用できることを理解し、不要になった紙を安易に捨てないようにしなければなりません。もし可燃ごみとして捨ててしまった場合は、貴重な木材資源を捨てていることと同じです。地球環境を守るためにも、古紙は資源ごみとして回収してもらう必要があります。

古紙回収の方法は様々ですが、無料で頼める場合も多くあります。家庭から出る古紙に関しては、地方自治体などで集団回収を実施しているため利用しましょう。オフィス、商店、工場などから出る古紙の場合は、無料で古紙回収を行う会社と契約すればスムーズに回収してもらえます。要望に応じて、古紙回収専用の運搬車両が無料で毎日収集に来てくれる場合もあります。もちろん一般の方でも、学校のPTAや子供会、自治会などで収集した古紙などの回収依頼をすることが可能です。

回収された古紙は分別され、紙の種類ごとにプレス機で圧縮梱包されます。その後国内の製紙工場や海外の製紙メーカーなどに出荷されます。製紙工場では、パルパーという装置にて溶解され繊維になり、シート状に形成した上で裁断や巻き取りが行われます。最終工程として加工工場にて様々な紙製品に生まれ変わり、再度商品として流通するのです。

また、大切な機密書類が含まれている書類も、そのままリサイクル可能です。箱に入れて未開封のまま古紙溶解装置に入れることによって、情報が安全に処理されます。安全に処理されたことを証明する、溶解証明書を発行してくれる業者もあるため安心です。

古紙回収会社の中には、古紙だけでなくTシャツやズボンといった古着や、バッグや靴などの服飾雑貨を無料で回収してくれるところもあるため、依頼する際に相談してみましょう。家にある不要なものをまとめて処分できるため、効率的です。回収された古着や雑品は、国内や海外でリユースされます。限りある資源を大切にすることができるこのような取り組みは、世界中で高く評価されています。

最新ニュース