都合に合わせて無料古紙回収を利用しよう

エコ活動の一環として、様々な生活ごみがリサイクルされています。その中でも昔から続けられてきたのが、古紙のリサイクルです。経済活動が活発になるにつれて紙の消費量が増え、それに伴い原料確保や環境保護の観点からも、古紙の重要性が増しているのです。

古新聞、古雑誌、古着などを回収して回っている軽トラは今でも時々見かけますし、各自治体でも日を決めて回収を行っています。しかし、個人の都合に合わせて行っているわけではないことや、回収場まで運ぶのが一苦労という方も多いでしょう。そのような場合に便利なのが、民間の古紙回収業者に直接引き取りに来てもらう方法です。通常は無料で費用は発生しません。

特に、会社やお店など、大量の古紙や段ボールが発生するような事業所では助かることでしょう。無料の古紙回収業者の中には、重要機密が外部に漏れることのないように、書類を裁断にかけた上でリサイクルしてくれるところもあります。回収の流れは、電話で日程と時間を決め、直接集めに来てもらいます。後は、ビニール紐などを取り除き、紙質毎に分類されます。手作業もあり、実はかなりの手間と時間がかかっているのです。最後に圧縮され、国内外の製紙メーカーに出荷されていきます。